みなとノート

ゆうゆうが経験したり感じ取ったりしたものをシェアするブログです。

【神戸カフェ】「cafe.shuu(カフェシュウ)」絵本の世界がそのまま現実になったようなカフェ。

注文して出てくるまで30分かかるという「絵本のパンケーキ」を目当てに、三宮の北野にあるカフェ「cafe.shuu(カフェシュウ)」へ足を運びました。パンケーキ好きは来店必至のカフェでした。

アクセス

cafe.shuu

場所は「神戸市中央区中山手通り1-23-10モンシャトーコトブキ1階」で、三宮から北野坂を北に10分ほどのところにあります。有名な「トリトンカフェ」のすぐお隣にあるので、知っている方はそれを頼りに行けばすぐに見つかるでしょう。雑貨屋さんとしても営業していて、入り口は一見するとカフェには見えないかも。

まるで絵本の世界がそのまま出て来たような店内。

cafe.shuu

店内には暖炉、たくさんの本、可愛らしい雑貨たち、まるでここは絵本の世界なのではと思ってしまうような雰囲気です。間接照明の柔らかい光がその雰囲気をより引き立てています。

cafe.shuu

懐かしさを感じる振り子時計が壁にかかっています。静かな店内に鳴るチクタクという音が心を穏やかにしてくれます。こんな時計、我が家にも欲しい。

絵本のパンケーキは舌がとろけるような仕上がり。

cafe.shuu

ホットコーヒーは想像以上の大きさのグラスに入ってやってきました。普通のカフェの二杯分はありそうな量のコーヒーです。お茶菓子として小さなクッキーも付いてきます。もうこれだけで満足できそう。

cafe.shuu

そしてお目当ての「絵本のパンケーキ」がこちら。まるで太陽のように明るく黄色い、本当に絵本に出てきそうなパンケーキです。生クリームとメイプルシロップがついてきて、それをかけながら食します。

うーん、幸せ!この甘味はかぼちゃの甘味なのだろうか、まろやかな甘さが口の中に広がります。ボリュームもたっぷりで、一人で食べきるのはなかなか骨が折れました。二人で来店して半分こするのが丁度いいかも。

パンケーキが好きな方には一度は食べてみほしい一品です。

パンケーキ好きは来店必至のカフェ

「絵本のパンケーキ」は1枚ずつしか焼けず、状況によってはお断りすることもあるそうなので、今回すんなり食べることが出来たのはラッキーでした。

唯一気になったのは、置かれた本の中に、政治的な本が多く置かれていたこと。オーナーさんの考え方なのかもしれないけれど、せっかくのお店の雰囲気から浮いてしまっているように感じました。気になる人は気になるかもしれません。

全体としては味、雰囲気、接客の三拍子が揃った大満足のカフェでありました。「良いカフェない?」と聞かれたときには必ず挙げるお店のひとつです。おすすめ!