みなとノート

ゆうゆうが経験したり感じ取ったりしたものをシェアするブログです。

【神戸カフェ】「明楓」本場の味が楽しめる気軽に行ける中華カフェ

神戸の南京町の歴史は今年で150年を数え、神戸と中国の縁は切っても切れないものとなっています。今日ご紹介する「CHINA MAPLE CAFE 明楓」は、気軽に本場の中華料理を楽しめる素敵なカフェです。少し繁華街から距離があるのに関わらずお客さんが絶えず、その人気が窺えました。

アクセス

場所は「兵庫県神戸市中央区栄町通5-1-1 サンシティー栄町2F」で、みなと元町駅からすぐそばにあります。元町駅からだと徒歩で10分弱ほど。近隣カフェとしては、「ROUND POINT CAFE(ラウンドポイントカフェ)」や「ひとところカフェ」があり、人気カフェが密集するエリアに位置しています。

www.minatonote.fun

www.minatonote.fun

こじんまりとした店内では、烏龍茶をいただける。

china maple cafe

入り口には木製の大きな看板がありますので、こちらの看板を目印にお店を探すと良いでしょう。階段を上がって2階が「明楓」の店舗となっています。

china maple cafe

こじんまりとしたレトロでアットホームな雰囲気の店内では、烏龍茶のサービスが。さすが中華カフェです。温かいお茶が冷えた身体に染み渡ります。

リーズナブルでも本場の味を堪能できます。

china maple cafe

この日は「海鮮と豚肉の五目あんかけ焼きそば」を注文しました。900円と中華料理としてはかなりリーズナブルにも関わらず、その味はかなり本格的。とろーり甘い餡がイカや豚肉の食感、味わいを包み込み、まろやかだけどしつこすぎない良い塩梅となっています。

気軽に行ける本格中華カフェがある幸せ

中華料理というとなんだかお値段も敷居も高いイメージがありますが、この「CHINA MAPLE CAFE 明楓」はそんなイメージを覆す気軽で身近な中華カフェです。こんなカフェがある街はなかなかないでしょうから、その幸せを噛み締めながらお店を後にしました。

元町駅からだとハーバーランドに向かう途中に位置していますから、途中のランチ休憩に是非訪れてみてはいかがでしょうか。