みなとノート

「なんかいいね」をシェアするブログ

垂水にあるカツ丼屋さん「逹」がボリュームたっぷりで大満足だった話。

隠れた名店とはここのようなお店を言うのでしょう。住宅地の真ん中にぽつんとあるカツ丼屋さん「逹」が、その立地からは想像できないほど大満足のお店でしたので紹介させてください。

アクセス

場所は「兵庫県神戸市垂水区御霊町3-1 IVY HOUSE 102」で、垂水駅から徒歩10分弱程度の住宅地にあります。距離は少しありますが、福田川沿いに歩いていけば迷うことはないでしょう。

驚きのボリュームに大満足!

入り口はこんな感じで、「かつ丼」の文字が前面に押し出されています。思い切ったデザインに度肝を抜かれます。とはいえシンプルイズベスト。なんのお店なのかは一目瞭然です。

店内は清潔感あるナチュラル系の内装で、全席カウンター席です。

注文は券売機があるので、そこで「カツ丼」または「カツカレー」のどちらかを購入することになります。そう。このお店はこの2つしかメニューがないのです。あとはトッピングメニューが少々あるだけ。カツへの自信の表れなのでしょうか。ここまで思い切りが良いと清々しいですね。

見よ、この圧倒的ボリューム!柔らかくジューシーなカツに、これでもかと卵が絡まった黄金のどんぶりです。

濃すぎない、だけどばっちり存在感のある味付けはご飯が進みます。お米もある程度粒も立った状態でしたので、カツと卵に負けてしまうこともなく、しっかりと食べ応えのある仕上がりになっていました。

今回はご飯大盛り、卵追加のトッピングで注文したのですが、少しお腹がきついと思うほどのボリュームでした。このボリュームであれば、食べ盛りの高校生、大学生でも間違いなく満足できるでしょう。

味良しボリューム良しの名店

アクセスが少々悪いところが残念ではありますが、清潔感ある内装、ほどよい濃口の味付け、大満足のボリュームの三点が揃った名店であると思います。

カツ丼に目がないあなた、ぜひ一度ご賞味あれ。