みなとノート

ゆうゆうが経験したり感じ取ったりしたものをシェアするブログです。

私が常用レンズとして「Milvus 2/50M ZF.2」をおすすめする理由を語らせてください。

皆さんは普段、一眼レフにどんなレンズをつけて持ち歩いているでしょうか。

先日、カールツァイスの「Milvus 2/50M ZF.2」というレンズを購入しました。私はこのレンズを「人生を共にする常用レンズ」として使っていこうという気持ちでお迎えしたのです。今日は私が常用レンズとして「Milvus 2/50M ZF.2」を選んだ理由について語らせていただきたく思います。

50mmという焦点距離こそ標準なのだということ。

hitotokoro_cafe

これは敢えて私が書くまでもないことかもしれません。

50mmという焦点距離のレンズは一般的に標準レンズと呼ばれています。引けば広角のように、寄れば望遠のように撮ることができます。基本的にこの一本でほとんどのシーンに対応することが可能です。常用レンズとするならこれほど適した焦点距離はないのではないでしょうか。

また、私にとって50mmという画角は、初めて一眼レフを買った時からずっと慣れ親しんでいる画角なのだということも、大きな理由のひとつです。ファインダーを覗く前からおおよその切り取れる範囲がわかる。これはテンポよく撮影をする上でとても重要なことです。

寄れること、それは自由に撮れるということ。

Strawberry Cake

この「Milvus 2/50M ZF.2」というレンズの特長のひとつとして、寄れるということがあります。ハーフマクロレンズとして設計されており、最大撮影倍率0.5倍、最短撮影距離が24cmとなっています。

一般的な50mmの単焦点レンズであると最短撮影距離が35cmから45cmほど必要になるのですが、この距離だとカフェなどでテーブルフォトを撮るときにネックになることが多くありました。ピントを合わせるために、少し椅子を引いたり、立ち上がったりする必要があったのです。

しかしこのレンズは違います。普通に椅子に座った状態で被写体にピントを合わせることができるのです。このちょっとしたストレスがなくなることで、レンズに撮らされているのではなく、自由に撮っているという気持ちで撮影することができます。

小さいということ。

le dimanche

常に持ち歩くカメラにつけるレンズを考える上で、サイズというのは避けては通れない悩みのひとつです。

基本的にレンズというのは性能が良くなれば良くなるほど、サイズと重量が大きくなっていくものです。少しでも良い画質、ボケで毎日の生活を切り取りたいと思うけれど、ハイエンドクラスのレンズだとそもそも日常的に持ち歩くのが難しくなってしまう。私も経験しました。

「Milvus 2/50M ZF.2」というレンズはとにかくサイズが小さい。素晴らしい解像力を持ったシグマの「50mm F1.4 DG HSM Art」のように嵩張ることはありません。少し大きめのカバンであれば、無理なく入れておけるサイズです。

重量はフード込みで660グラムと、数字だけで見れば決して軽いレンズではありません。しかしサイズが小さいからでしょうか。不思議なことにその重さを実感させられることはないのです。

この持ち運びのしやすさは、常用レンズとすると決めるときに大きな理由となりました。持ち歩くストレスをなくすことこそ、カメラという趣味を長続きさせ、撮影する機会を増やすとっておきの方法なのです。

所有欲を満たす品のある外観、質感であるということ。

le dimanche

金属でできたずっしりとした鏡筒はこれ以上ないくらい所有欲を満たしてくれます。この「Milvus 2/50M ZF.2」であればどんな人でも、愛でるに相応しい質感であると感じるはずです。

写真を撮る機材それ自体を気に入ってることも、写真を撮り続ける上で大事な要素であると私は思っています。つまりこのレンズはその大事な要素を満たしてくれるということです。

素晴らしい解像力、ボケを持ったレンズだということ。

Shukugawa

このレンズは素晴らしい解像力を発揮してくれるレンズです。

ピントが合った部分は極めてシャープで、その前後はなだらかにボケていきます。さらにボケ味も温かみがあって優しい感じがします。これだけの解像力とボケを持ったレンズであれば、自信を持って撮影をすることができるのではないでしょうか。

また開放でF2まで絞りを開けることができますので、光量が限られたシチュエーションでも十分なシャッタースピードを確保することができます。常用レンズとする上で十分な能力を持ったレンズです。

マニュアルフォーカスであることを許せるかどうか

ROUND POINT CAFE

そろそろこのレンズが欲しくて堪らなくなってきた頃だとは思いますが、たったひとつ留意しておきたい点があります。それは「Milvus 2/50M ZF.2」はマニュアルフォーカスレンズであるということです。

動きが少ない、全くない被写体を中心に撮影される方は問題ありません。最近の一眼レフカメラであればフォーカスエイドと呼ばれる機能が備わっているからです。フォーカスエイドとは、AFポイント内でピントが合っているかどうかをファインダー内で確認することができる機能です。これがあれば誰でも狙った位置にピントを合わせることができます。

一方で動く被写体を中心に撮影する方については、ごめんなさい。正直なところマニュアルフォーカスでの撮影は困難を極めると思います。別のオートフォーカス機能がついたレンズを探すことをオススメします。

最高のレンズだと自信を持ってオススメできます。

GIGGI

「Milvus 2/50M ZF.2」は、マニュアルフォーカスであることを除けば買わない理由はないレンズであると私は思っています。あなたも一緒にカールツァイスの美しい描写の世界を満喫しませんか?