みなとノート

ゆうゆうが経験したり感じ取ったりしたものをシェアするブログです。

桜満開の夙川公園で春を撮影してきた話。

先日、兵庫県西宮市にある夙川公園で桜を撮影してきましたので、記録しておきます。気温もちょうど良く、絶好のお花見日和でした。

なお、この記事の写真は全て「D750」に「Zeiss Milvus 2/50M ZF.2」の組み合わせで撮影しています。「Zeiss Milvus 2/50M ZF.2」については次の記事をご覧いただければ幸いです。

www.minatonote.fun

夙川に溢れる春

Shukugawa

柔らかな春の光が桜の花を照らします。淡いピンクの花びらがキラキラと輝き、一気に春が来た感じを受けます。

Shukugawa

桜をカーテンにした夙川を撮影しました。川のせせらぎに耳を傾けながら、心地よい天気を味わいます。

よく見ると既に緑がチラチラと見えていますね。春はやってきたと思えばすぐに去って行ってしまいます。もう初夏の季節も目の前なのかもしれません。

Shukugawa

空を見上げると、スカッと晴れ渡った青空と桜のコントラストが映えた景色が広がっていました。定番の構図ではありますが、やはり一枚は撮っておかねばという思いでパシャり。

Shukugawa

良い具合に逆光が入ってきていたので、グッと近寄って一枚。桜の花の美しいかたちが伝わる一枚になったんじゃないかなと思います。桜は立体的に咲いてくれるので、前ぼけ後ろぼけのバランスが良くて楽しいですね。

Shukugawa

この日は貴重な土日のお花見日和ということで、非常に多くのお花見客で賑わっていました。川沿いにずらりと並んだお花見客は毎年恒例で、春の夙川の風景と言ったらこれだよね、という感想さえ抱いてしまいます。

Shukugawa

大事に水筒を抱えた少女を主題にした写真。日本の春の風景をきっちり収めることができた気がします。

桜はとても華やかなので、副題にもしやすいですね。いつか中望遠から望遠のレンズを持って、ポートレートも撮ってみたいです。

心地よい春、ありがとう

今年の桜は1日だけの撮影になりましたが、とても心地よい春を堪能することができました。良かった。

今年の桜の開花は例年よりもグッと早く、各地の桜関係のイベントが間に合っていない印象を受けます。またお花見するのに丁度良い開花状況で土日という条件がたった1回しかなく、都合がつかない方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。

こればっかりは運次第なので仕方がないのですが、1年に1回のイベントなだけにせめて土日2回分くらいは楽しみたかったなあと思います。来年に期待ですね。

葉桜ではありますがまだもう少し桜は楽しめるかと思いますので、存分に春を満喫しましょう!