みなとノート

ゆうゆうが経験したり感じ取ったりしたものをシェアするブログです。

二度目のうつ状態による休職に入ることになりました。

昨日、病院から診断書をいただき、二度目のうつ状態による休職に入ることになりました。前回休職したのが6月末、復帰したのが9月でしたので、一年をもたずしてダウンしてしまったことになります。

Plum blossoms in Okamoto Park

今回も状況は前回と同様でした。上司は体育会系で、自ら船頭に立って仕事を進めるこの道30年の大ベテランです。担当者は、彼女からいつ仕事上のミスを指摘されるのかびくびくと怯えながら日々仕事をこなしていました。仕事は、担当する全てのことを正しく把握しておいて当たり前という考え方のもと進められるため、少し無理があると感じるような事項であっても、それを把握しきれていなければ叱責されます。真面目で完璧主義の私には、この仕事の体制が心理的に大きな負担となっていました。毎日の仕事で疲弊しながらも、なんとかして仕事に行かなければならないという意識が強くあった私は、うつの発作が出ていても頬を叩く等の自傷行為で押さえ込みながら出勤していました。そのような無理を繰り返しているうちに、ある日の朝、身体が起き上がらなくなってしまい、そのまま休職となってしまったのです。

前回と同じ轍を踏んだ形となってしまったわけですが、基本的には職場の体制が自分に合わないことが大きな要因なのだろうと思いますので、自分で何か対策を取ろうにも取れなかっただろうなとも思っています。実際のところ、この体制を維持していることで仕事がスムーズに行えている場面も多くありますし、もう10年ほどは続いている体制なのでそう簡単に変えることもできないでしょう。単純に運が悪く、自分と相性が悪い職場に配属されてしまった、そう考えるようにしています。

Kobe Shinrin Shokubutsu En

さて、今回は二度目の休職ということで、前回よりも進歩している部分ももちろんあります。

例えば薬については、一年前に服薬していた薬から、自分に合った効果を実感している薬に種類を変えており、症状は比較的落ち着いています。(服薬をやめれば前回よりもひどくなっているかもしれませんが。)

夫婦関係も良好で、私がダウンしていることについても快く受け入れてくれています。これも結婚一年目でまだ二人での生活が落ち着いていなかった去年と比べると、自分の安心できる場所があるという点でとても良い状況です。

tenjuan

今回の休職では、こうした進歩している部分はしっかりと認めてあげつつ、その環境を活かして十分に休養をとっていきたいと思います。あと出来ることなら、復職後に1日働いても余力が残せるよう基礎体力を少しつけてあげたいかな。軽い運動はうつ症状に良い影響があると聞いたこともありますし、ウォーキングなど負担にならないところからやってみたいなとも思います。

自分の気持ちの整理も兼ねて、ときどき記録させてください。